講演会はエスエンタープライズ

竹中平蔵(たけなかへいぞう)

takenakaheizou02

氏名 竹中 平蔵(たけなか へいぞう)
ジャンル 政治・経済 経済 国内政治 国際政治 金融 
現職 慶應義塾大学教授/グローバルセキュリティ研究所所長
経歴 1951年、和歌山県生まれ。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務める。01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。現在、慶応義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長、オリックス株式会社社外取締役などを兼職。
講演テーマ 「竹中平蔵が見る日本丸のゆくえ ~10年をみすえて~」
「日本の未来 ~日本経済の先にある道~」
「今後の政局と日本経済の見通し」
「新たな局面に入る世界経済」 など
著書 『竹中式マトリクス勉強法』 (幻冬舎)
『闘う経済学―未来をつくる「公共政策論」入門』 (集英社インターナショナル)
『竹中平蔵、中国で日本経済を語る』 (大和書房)
『竹中先生、経済ってなんですか?』 (ナレッジフォア)
『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)
『竹中平蔵の特別授業』(集英社インターナショナル)
『やさしい経済学』(幻冬舎)
『郵政民営化「小さな政府」への試金石』(PHP)
『あしたの経済学』(幻冬舎)
『みんなの経済学』(幻冬舎)
『経済ってそういうことだったのか会議』(共著/日本経済新聞社)
『ソフト・パワー経済-21世紀の見取り図-』(PHP)
『経世済民-経済戦略会議の180日-』(ダイヤモンド社)
『早い者が勝つ経済』(PHP)
『民富論』(講談社)
『日本経済の国際化と企業投資』(日本評論社)
『日本賢国論』(電通)
『日米摩擦の経済学』(日本経済新聞社)
『対外不均衡のマクロ分析』(共著/東洋経済新報社)エコノミスト賞受賞
『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社)サントリー学芸賞受賞
など
メディア
講演料金の目安 100万円~150万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。