講演会はエスエンタープライズ

森永卓郎(もりながたくろう)

morinagatakuro

氏名 森永 卓郎(もりなが たくろう)
ジャンル 政治・経済 経済 障害 IT関連
現職 経済アナリスト/獨協大学教授
経歴 東京都出身
東京大学経済学部経済学科卒業
日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)、
三井情報開発(株)総合研究所、(株)UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))を経て、
現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。
専門は労働経済学と計量経済学。
そのほかに、金融、恋愛、オタク系グッズなど、多くの分野で論評を展開している。
日本人のラテン化が年来の主張。
主な出演番組:テレビ朝日「スーパーモーニング」、TBS「がっちりマンデー」、フジテレビ「サキヨミ」、テレビ朝日「たけしのTVタックル」など
講演テーマ 『変化の時代の企業経営』
『中小企業の今後と日本経済』
『21Cの新能力主義の時代』
『構造改革と日本経済の展望』
『年収300万円時代を生き抜く経済学』
『激動の世界経済情勢下での日本と地域経済』
『ITと今後の日本経済』 など 
著書 【著書】
『「所得半減」経済学』 徳間書店 2004年 12月
『「カネ」はなくとも子は育つ シンプル人生の教育設計』 中公新書 2004年12月
『「家計破綻」に負けない経済学』 講談社現代新書 2004年 11月
『辞めるな!キケン!!』 扶桑社 2004年11月
『ミニカーからすべてを学んだ?人生から世界経済まで?』 ?出版 2004年2月
『庶民派経済学 こんな時代でも、たくましく生きる!』実業之日本社 2004年2月
『二極化時代の新・サラリーマン幸福術?年収1億円でも不幸な人生、年収300万円でも楽しい人生・・・』経済界 2003年12月
『続 年収300万円時代を生き抜く経済学 実践編!』 光文社 2003年11月
『会社が切る人残す人「年収300万円時代」のサラリーマンの生き方』(内藤誼人共著) ワニブックス 2003年 11月
『「B」で生きる経済学』 中公新書クラレ 2003年9月
『ビンボー主義の生活経済学』 講談社 2003年7月
『年収300万円時代を生き抜く経済学 』 光文社 2003年3月
『日本経済最悪の選択?誰が日本をこんなにダメにしているのか』 実業之日本社2002年11月18日
『シンプル人生の経済設計』 中公新書 2002年11月10日
『日本経済50の大疑問」 講談社現代新書 2002年3月20日
『誰がウソをついているのか』ビジネス社 2006年
『年収崩壊』角川SSC新書2007年
『しあわせの集め方 B級コレクションのススメ』産経新聞出版 2008年
他 多数
メディア 【TV・メディア】
テレビ朝日「スーパーモーニング」
TBS「がっちりマンデー」
フジテレビ「サキヨミ」
テレビ朝日「たけしのTVタックル」など
講演料金の目安 50万円~100万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。