講演会はエスエンタープライズ

なかにし礼(なかにしれい)

nakanisirei02

氏名 なかにし礼(なかにしれい)
ジャンル 芸術・文化 作家 音楽 生涯教育 がん 経験談
現職 作家・作詞家
経歴 1938年 中国黒龍江省牡丹江市生まれ。
立教大学文学部仏文科卒。
大学在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、1964年『知りたくないの』のヒットを機に作詩家となる。
ヒットメーカーとして活躍を続け『今日でお別れ』『石狩挽歌』 『時には娼婦のように』 『北酒場』など約4000曲の作品を創る。
『天使の誘惑』ほかで日本レコード大賞を3回、同作詞賞を2回、またゴールデンアロー賞など受賞歴多数。
その後作家活動を開始、98年に『兄弟』を発表。
次作の『長崎ぶらぶら節』で2000年1月第122回直木賞を受賞。
満州からの引き揚げ体験を描いた『赤い月』(映画化・テレビドラマ化・ラジオドラマ化)は100万部に迫るロングセラーとなり、昨夏文学座にて自らの書き下ろし戯曲で上演され、05年12月『戯曲・赤い月』として出版。
02年『てるてる坊主の照子さん』(NHK連続テレビ小説『てるてる家族』原作)、
03年12月『夜盗』を刊行。
04年3月『さくら伝説』を刊行。
05年3月『黄昏に歌え』を刊行。
07年1月『戦場のニーナ』を刊行。
08年3月『三拍子の魔力』を刊行。
09年12月『世界は俺が回してる』を刊行。
一方、舞台作品の台本・演出も手がけ、演劇・舞踏・オペラを融合した「世界劇」という新しい上演形式は高い評価を受けている。
講演テーマ 「音楽のはなしをしよう」 
「生きるということ」~陽子線治療をめぐって~
「魂の錬金術」
「人生の黄金律」
「翔べ、わが想いよ」
「人間の絆」
「そして歌は誕生した」
「作詩と小説の間」
「蝶のごとく、蛇のごとく(生きることは脱皮すること)」 
拝聴した感想
著書 【エッセイ】
「闘う力 -再発がんに克つ-」
「生きるということ」
「生きる力 -心でがんに克つ-」
「音楽の話をしよう」
「三拍子の魔力」

【詩集】
「平和の申し子たちへ  泣きながら抵抗を始めよう」
「金色の翼」

【文化論】
「天皇と日本国憲法」
「 天皇と日本国憲法 反戦と抵抗のための文化論」
「歌謡曲から「昭和」を読む」

【小説】
「夜の歌」
「長崎ぶらぶら節」
「てるてる坊主の照子さん(上・下)」
「さくら伝説」
「黄昏に歌え」
「戦場のニーナ」
「世界は俺が回してる」
「花物語」

【戯曲】
「赤い月」
他多数
メディア 【舞台】
舞台「長崎ぶらぶら節」 作/東京芸術劇場中ホール(文学座公演)
舞台「てるてる坊主の照子さん」   原作・演出/帝国劇場
舞台「奥様の冒険」   原作・脚本・演出/芸術座
舞台「長崎ぶらぶら節」 原作・監修/東宝
ミュージカル「キス・ミー・ケイト」  訳詩/帝国劇場
ミュージカル「女学者たち」  脚本・作詩/パルコ劇場
ミュージカル「ファニーガール」  訳詩/東宝
ミュージカル「カルメン」  脚本・訳詩/東宝
音楽劇「アンネの日記」  作詩/東宝
ストレートプレイ「モーツァルトの手紙」  台本・演出/パルコ劇場

【世界劇】
「黄金の刻 -愛と永遠の絆-」 作・芸術総監督/日本武道館
新かぐや姫伝説「眠り王」 -愛とまごころの約束-  作・芸術総監督/日本武道館
「源氏物語」  総プロデュース/東京国際フォーラム

【映画】
「時には娼婦のように」 脚本・音楽・主演/にっかつ
「動天」 企画・原作/東映
「長崎ぶらぶら節」 原作/東映
「赤い月」 原作/東宝

【CD】
「なかにし礼大全集」  CD全集417曲21枚組/BMGジャパン
「なかにし礼/モーツァルトコレクション」  CD全集18枚組/BMGジャパン
「長崎ぶらぶら節」企画・監修  ビクターエンターティンメント

【TV】
「兄弟」 企画・原作
「題名のない音楽会」 出演・特集番組
「驚き桃の木20世紀」 出演・特集番組
「たけしの誰でもピカソ」 出演・特集番組
「NHK歌謡コンサート」 出演・特集番組
「長崎ぶらぶら節」 企画・原作
「赤い月」 原作
「てるてる家族」 原作
「追憶紀行・満州の赤い月」  特集番組・出演
講演料金の目安 100万円~150万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。