講演会はエスエンタープライズ

養老孟司(ようろうたけし)

yorotakesi

氏名 養老 孟司(ようろう たけし)
ジャンル 環境・化学 脳科学 作家
現職 解剖学者 / 医学博士 / 北里大教授 / 東京大学名誉教授
経歴 大ベストセラー『バカの壁』で有名な、医学博士。東京大学医学部卒業後、1年インターンの後、解剖学教室に入り、解剖学を専攻する。ものを多面的に捉えた切り口での現代社会問題を論じる講演は、分かり易く、非常に人気が高い。

■職歴・経歴
1937年 神奈川県鎌倉市生まれ
1962年 東京大学医学部卒業。一年のインターンを経て、解剖学教室に入る。以降解剖学を専攻。
1967年 医学博士号取得
1981年 東京大学医学部教授就任(~95年)。 東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任。
1996年 北里大学教授に就任(~2003年)
1998年 東京大学名誉教授
1989年 『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞
2003年 『バカの壁』で毎日出版文化賞を受賞
2006年 「京都国際マンガミュージアム」館長に就任

■活動歴
長年の解剖研究の結果から、身体および脳を中心として、社会、文化の問題を考える“唯脳論”を提唱し、理科と文科の学問の統合をめざしている。『バカの壁』は、400万部を超える大ヒットを記録。2006年には、和歌山県の「森林による二酸化炭素(CO2)吸収量認証制度」の認証・評価委員に就任、本来の虫好きもこうじて、以前から取り組んでいる環境問題にも力を注ぐ。
講演テーマ 「バカの壁の総まとめ 」
「経営者のための脳の話」 など
著書 「脳から見る生きがいと健康」
「バカの壁」
「脳に映る現代」
など
メディア
講演料金の目安 50万円~100万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。