講演会はエスエンタープライズ

奥村幸治(おくむらこうじ)

okumurakouji

氏名 奥村幸治(おくむらこうじ)
ジャンル セルフマネジメント/リーダーシップ論/組織づくり/健康
現職 NPO法人ベースボールスピリッツ理事長/ パーソナルトレーナー
経歴 イチロー選手が210安打を達成したときに、イチローの専属打撃投手を務めていたことから “ イチローの恋人 ” としてマスコミに紹介され、それ以来コメントを依頼されてのTV 出演多数。

1999 年に中学硬式野球チーム(宝塚ボーイズ)を結成し、監督を務める一方、講師として各地方で講演活動をする。
宝塚ボーイズの教え子には今年ニューヨークヤンキースに移籍し活躍中の「田中将大」や阪神タイガースの「歳内宏明」がいる。
2008 年 NPO 法人ベースボールスピリッツを設立。野球を通じて子供達の健全な心身の成長を図るとともに幅広い世代交流、地域交流に努める。

カル・リプケン小学生世界大会の日本代表、星野ジャパンの監督に5 年連続で就任。 2013 年の本大会では、3 年連続の日本チーム世界一を達成。

【略歴】
1993 年 打撃投手として「オリックス・ブルーウェーブ」へテスト入団。
1994 年 「オリックス・ブルーウェーブ」イチロー選手の専属打撃投手となる。
     (イチロー選手 日本最多安打 210 安打達成)
1995 年 打撃投手として「阪神タイガース」へ移籍。
1996 年 打撃投手として「西武ライオンズ」へ移籍。
1997 年 パーソナル・トレーナーとして西武ライオンズ高木浩之選手を中心に、
     野球・ソフトボールチームを数々指導。
1999 年 中学硬式野球チーム「ドリームファイターズ」を結成。
2000 年 ボーイズリーグに加盟。(チーム名を「宝塚ボーイズ」として登録)
2008 年 NPO 法人ベースボールスピリッツ設立。
2009 年 カル・リプケン 12 歳以下世界少年野球大会、監督就任。
2010 年 2 年連続でカル・リプケン 12 歳以下世界少年野球大会、監督に就任。
     著書『意識~夢を夢で終わらせたくない~』
        『一流の習慣術』
2011 年 3 年連続でカル・リプケン 12 歳以下世界少年野球大会、監督に就任、
     ワールドシリーズを制し、日本チームを初の世界一に導く。
     著書『イチローの哲学 ‐ 一流の選手は何を考え、何をしているのか』(PHP 出版)
2012 年 4 年連続でカル・リプケン 12 歳以下世界少年野球大会、監督に就任、ワールドシリーズを制し、
     日本チーム 2 連覇を達成。
2013 年 5年連続でカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会、監督に就任、ワールドシリーズを制し、     日本チーム3連覇を達成。
2014年 著書『超一流の勝負力』(ソフトバンク新書)
講演テーマ ・目標達成のセルフマネジメント
・プロ野球チームにみる~強い組織のつくり方
・イチロー・田中将大との出会いを通じて
・子どもの能力を伸ばす体づくり
・奥村流!個々の能力の引き出し方
・健康レベルを上げるセミナー
著書
メディア
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。