講演会はエスエンタープライズ

ケント・ギルバート(けんと・ぎるばーと)

kentgilbert

氏名 ケント・ギルバート(けんと・ぎるばーと)
ジャンル 政治
現職 米カリフォルニア州弁護士、タレント
経歴 1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。
71年、米ブリガムヤング大学在学中に19歳で初来日。
75年、沖縄国際海洋博覧会の際にアメリカ館のガイドとして再来日。
80年、大学院を卒業し法学博士号と経営学修士号、カリフォルニア州弁護士資格を取得。東京の国際法律事務所に法律コンサルタントとして就職。
83年、テレビ番組『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。

近年は企業経営や講演、執筆活動を行う。近著に『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(いずれもPHP研究所)、共著に『危険な沖縄』(産経新聞出版)、『中国・韓国との新・歴史戦に勝つ』(悟空出版)、『日本の自立』(イースト・プレス)、『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)などがある。
講演テーマ 「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」(著書タイトル)
「素晴らしい国、日本に告ぐ」(著書タイトル)
「憲法改正と日本の自立」
「誇りある日本の再生と憲法改正」
「日本人の覚醒と自立が世界を救う」
「面白大国ニッポン」
「米国人から見た日本の安全保障」
「日本の覚醒と自立を待望する」
「だから日本は素晴らしい 世界があこがれるこの国に暮らして」
著書 「あっとHOMEニッポン」 (ジャテック出版)
「ケント・ギルバートのハートで覚える英会話」 (永岡書店)
「愛しかた愛されかた」 (ワニブックス)
「面白大国ニッポン」 (ダイナミックセラーズ)
「ボクが見た日本国憲法」 (PHP研究所)
「ケント・ギルバートの英語表現547」 (カッパブックス)
「ケント・ギルバートの恋愛マナー」 (大和出版)
「ニホン人はもっと怒ったら」 (メディアファクトリー)
「日米知ってるつもり大論争」 ※加瀬英明氏との対談 (日本教文社)
「素敵なワーキングガールの自分を磨く一週間(スケジュール)」 (大和出版)
「ケントのトラベル英会話」(実業之日本社)
「ケント・ギルバート日本人英語の間違い」(光文社)
「不思議な国ニッポン ケントギルバートの素朴な疑問」 (素朴社)
「わが子を国際人にする方法」 (近代文芸社)
「三国感情 鮨とキムチとハンバーガー」(黙出版)共著
「国際化途上国ニッポン」 (近代文芸社)
メディア
講演料金の目安 50万円~100万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。