講演会はエスエンタープライズ

殿村政明(とのむらまさあき)

tonomuramasaaki

氏名 殿村政明(とのむらまさあき)
ジャンル コミュニケーション、モチベーションアップ、意識改革、人間力アップ
現職 株式会社ヒューマンコメディックス
経歴 1968年 兵庫県明石市に生まれる。

1987年 19歳でオール阪神巨人に弟子入り。その後、笑いを極めるべく吉本総合芸能学院「NSC11期生」に入学。500組中5組に選抜され、ダウンタウンがデビューした「心斎橋2丁目劇場」で5週勝ち抜き吉本興業の所属タレントに。同期にはケンドーコバヤシ・陣内智則・中川家・たむらけんじなど。

2007年 会社経営をする傍ら、挫折と失敗を繰り返し10年の年月をかけて「笑い」のメカニズムを科学し、一般人が習得できる教育プログラムの開発に成功。コミュニケーションスキルアップを目的とする研修会社株式会社ヒューマンコメディックス設立。法人向け研修事業開始。

2009年 笑いのコミュニケ―ションセミナー参加者が1万人を超え、自身が塾長を務める、個人参加型塾『笑伝塾』を三軒茶屋に開校。現在に至る。

2012年 企業、自治体、教育機関など様々な業種からの依頼を受け、全国で講演・研修を実施。「笑いのコミュニケーション」講演、研修、『笑伝塾』の参加者は毎年2万人を超える。また、NHK『めざせ!会社の星』講師として出演し、2012年のベスト企画にも選出。日本全国に「笑いのコミュニケーション」を広めるべく、活動中。

2015年 オフィスを三軒茶屋から海と山の自然に囲まれた鎌倉に移転。現在に至る。

私は現在東京で、笑いのあるコミュニケーションを取ってもらう為の塾「笑伝塾」をやっています。人は笑うと、リラックスして心の扉を開けてくれるのが、ものすごく早いんです。こういう研修やセミナーをやっていると、こんな事を尋ねる人がいます。「オモシロいやつは、元々そういう性格だからじゃいの?」もちろん元々の性格や、センスがあるに越した事はないんですが、お笑い芸人さんがセンスだけでやっているのかといえば、そういうわけではないんです。特に駆けだしのころは、練習練習の日々が続きます。実は、笑いにはセンスとスキルの部分があるのです。芸人にはセンスが必要ですが一般の人はスキルだけでも十分コミュニケーションに笑いをとりいれる事が出来るんです。私は世の中を見ていて「ちょっとこうしたらウケるのに」「こう言えば笑いが起きるのに、もったいないなー」と思う瞬間がたくさんあります。こうした事が積もり積もって10年かけて一般人向けに「笑伝塾」を作ったのです。ただ塾の理念として、笑わすのが目的ではなく、人を笑わすことによって相手との距離が一瞬で縮まることを体感してもらいたいのです。そして体感を通じて笑いは、「勇気と努力と愛情」から生まれるモノなんだという事を自分の体験談とロジックを交えて伝えて行くことを信念としております。学校の先生であれば、授業に笑いを入れることによって生徒との距離を近く出来たり、学生であればいじめられなくなったり、友達がたくさん増えたり、就活の面接をかっこ付けずに喋れたお陰で突破出来たり、ビジネスマンであれば、商談がスムーズにいったり、上司部下間の伝達がうまくなったり、社内が明るくなって愚痴が出なくなったり、お客様からのクレームが減少したり、言いだせばキリがありません。笑いのスキルを日本中に広めて社会のギスギス感が無くなれば本望です。

ここ最近は、金融機関などお堅いイメージのあるところから多く仕事を頂いています。コミュニケーションの取り方が堅い為に損してしまっている人が多く感じており、丁寧は、いいですが、相手と距離を縮める為には、あえて「くずす」必要があると教えています。
決して、「面白い人になれ!」と伝えるわけでは無く、日々の挨拶や表情の出し方一つでも、距離を縮める事ができるんだ!という事を感じてもらう講演・研修になっています。
講演テーマ 『笑いのスキルで人間力を向上させる! 相手をファンに変えるコミュニケーション術』
『お客様の心をツカみ、ゆるぎない信頼関係を気付く営業コミュニケーションテクニック』
『社内を劇的に活性化する、ムードメーカーの作り方』
『生徒の心をグイグイ惹きつけるオモロイ先生の作り方』
拝聴した感想
著書 『DVD付 オモシロイ会話が続く 笑いのトレーニング ワラトレ』(中経出版)
『一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく』(小学館)
『笑いの凄ワザ』(大和出版)
メディア 【TV】
・NHK『めざせ!会社の星』講師として出演 *2012年ベスト企画に選出
・NHK 『めざせ!会社の星』「初対面でもトークがグッと盛り上がる4つの極意」出演
・日本テレビ 『スッキリ!!』出演
・TBS 『有吉AKB共和国』出演
・TOKYO MX テレビ 『新世紀ネタキング決定戦!』審査員として出演

【雑誌】
・ビジネスパブリッシング『月刊人事マネジメント』2013年2月号「"笑い"のある職場に、コミュニケーションの悩みなし」
・日経新聞社『日経新聞』先生が芸人に学ぶ!  2012年4月16日掲載
・日経BP社『日経Associe』速攻!スキルアップ講座 2012年2月号~6号連載
・日総研出版『看護人材教育』院内研修の参加者のやる気が増えるコツ 2012年2・3月号
・アルク『月刊日本語』めざせ!好感度NO1授業 2011年9月号特集
・青春出版社 『BIG tomorrow』9月号特集
・小学館『DIME』2010年6月号 特集
・日本能率協会 『人材教育』連載

【WEB】
・営業type『人気ビジネス書3分リーディング』掲載
・日経BIZ『セミナー体験記』掲載
・総務人事向けサイト ソムリエ(ソネット)『吉本芸人の研修講師に学ぶ!
 「笑いのコミュニケーションスキル」とは?―笑伝塾へインタビュー!! 』
・マイナビ2012『内定力を上げるコミュニケーショントレーニング 第9回』掲載
・ソニープレイステーション『トルネ』CMポスター主演として掲載
・YAHOO「X‐BRAND」特集掲載

【新聞】
・ニッキン『笑いに学ぶ会話スキル』2016年1月
・日経新聞『先生が芸人に学ぶ!』2012年4月
・東京新聞『景気低迷 笑い飛ばせ!』2012年12月

【ラジオ】
・J-WAVE 『ラジペディア』出演
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。