講演会はエスエンタープライズ

金美徳(きむみとく)

kimumitoku

氏名 金美徳(きむみとく)
ジャンル 国際経済、アジア経済、朝鮮半島、企業経営、企業戦略、グローバル組織人材、グローバルビジネス、アジア・新興国ビジネス
現職 多摩大学 経営情報学部 教授、多摩大学大学院ビジネススクール(MBA) 教授
経歴 1962年兵庫県神戸市生まれ。早稲田大学大学院国際経営学修士・国際関係学博士課程修了。(株)三井物産戦略研究所・北東アジア担当、三井グループ韓国グローバル経営戦略研究委員を経て、現職。
文科省・大学の世界展開力強化事業委員会・キャンパスアジア事業(岡山大・中国吉林大・韓国成均館大によるアジア・グローバル人材育成)・推進コアメンバー(事業全般の推進と経済分科の統括)と岡山大学キャンパスアジア共通教科書編纂委員会・副委員長も兼ねている。
専門は、企業戦略、グローバル組織人材、アジア経済。

三井物産戦略研究所で培った情報力を活用した三井物産向けアジア戦略レポート、国内外などでの講演、メディア発信・出演がそれぞれ100件以上、合計300件以上あり、日経ビジネスオンライン(終了)や東洋経済日報などに日韓企業比較、グローバルビジネス、企業戦略、ビジネス教養などについて連載している。また、数多くの国内外の研究者や経営者から企業情報を収集・分析し、ケーススタディーを蓄積している。

豊富なデータ・資料・経験知を活用する。分かり易さと時間効率の徹底を図る。受講者と共に知識創造と相互成長することを目指す。世界・時代を解説するのでなく、向き合う・戦うスタンスで臨む。
講演テーマ 「経営と時代認識~アジア・ユーラシアダイナミズムといかに向き合うか~」
世界経済と日本経済の見通し、アジア・ユーラシアダイナミズムの実態、北東アジアの国際関係の緊張と経済関係の拡大という大きな政経矛盾「アジア・パラドックス」などの世界潮流を俯瞰すると共に時代の本質を捉える。このような世界・時代認識に基づいて事業構想、企業経営、地政学的戦略を考える。

「今、朝鮮半島と日本を考える」
北朝鮮問題や日韓問題などについて体系的かつ理論的に解説し、本質を解き明かす。また、朝鮮半島情勢を展望しながら日本の立ち位置や在り方を考える。

「韓国財閥と韓国経済、そして日韓経済の行方」
韓国財閥については、その強みと弱みを解説する。また、韓国企業の特徴をより鮮明にするため韓国企業と日本企業の経営スタイルを比較分析する。
韓国経済については、その現状分析、構造的問題、課題と対策のみならず、将来予測も試みる。

「険悪な日韓関係と密接な日韓経済」
日韓関係については、日韓問題を整理すると共にその背景について解説する。
日韓経済については、その現状と課題の解説にとどまらず、韓国財閥の強み・弱み、韓国経済の現状と課題についても説明しながら理解を深める。また、日韓経済の拡大によるビジネスチャンスを掴むため日韓企業連携の事例を紹介する。
著書 『東アジアの経済協力と共通利益』(編著:岡山大/田口雅弘・多摩大/金美徳、ふくろう出版、2016年3月刊行)
『なぜ韓国企業は世界で勝てるのか-新興国ビジネス最前線-』(単著、PHP研究所、2012 年、韓国語版2012 年、電子書籍版2015年)
『日本企業没落の真実-日本再浮上27の核心-』(単著、KADOKAWA、2012 年、電子書籍版2014年)
『図解 韓国四大財閥』(単著、KADOKAWA、2012 年、台湾語版2013年、電子書籍版2015年)
メディア 『ミヤネ屋』
『新報道2001』
『ワールドビジネスサテライト』
『BS 朝日いま世界は』
『プライムニュース』
『直撃LIVE グッディ!』
『グッド!モーニング』
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。