講演会はエスエンタープライズ

斉藤嶽堂(さいとうがくどう)

saitougakudou

氏名 斉藤嶽堂(さいとうがくどう)
ジャンル 自然科学・環境科学・ネイチャー写真
現職 ナチュラリスト・写真家
経歴 陸上自衛隊 第一空挺団レンジャー
武蔵野新聞社(読売新聞系)編集長・社長室長
高野山大学 密教学専攻(通信教育課程)
高野山真言宗 普賢院 授戒灌頂 (修験・祈祷)
(公社)日本写真家協会 JPS
日本風景写真家協会 JSPA
SONYイメージング・プロ・サポート
(公財)日本自然保護協会 NACS-J
自然観察指導員
山梨県自然監視員
長野県自然保護レンジャー
(公財)日本野鳥の会
八ヶ岳山麓での、フクロウ繁殖支援活動
「八ヶ岳ネイチャープロダクション」主宰
八ヶ岳の自然を愛するナチュラリストで作られたプロダクションです。※八ヶ岳全域を担当し、八ヶ岳の自然を守っております。

ナチュラリスト・写真家・文筆家
陸上自衛隊 第一空挺団レンジャー隊員を経て、読売新聞社に務め 記者をしていたが、不慮の事故で息子を亡くし、精神療養の為、友人より勧められ禅寺で座禅修行を始め仏教に目覚める。勉強する中で弘法大師空海の偉大さ知り、高野山で密教を修行し、高野山真言宗 普賢院 授戒灌頂 (修験・祈祷)。高野山大学 密教学専攻して修験僧となる。同時期に写真をはじめ「和を捉える」をテーマに寺院・仏閣・仏像・下町の風景・宿場町を主体に、浅草・上野・根津・谷中・深川・川越・などの現在の江戸情緒 「和」を表現する傍ら、1冊の星野道夫先生のアラスカの写真集に出会い、自らの生い立ちである、陸上自衛隊レンジャー隊員であった経験と、自然との対話を根源とする密教の修行経験を生かし 「天職」と信じ、山々を巡りこれを「修験行」とし、風景・動物・蟲・鳥・山野草を主体に撮影を展開。「八ヶ岳・森羅万象」を表現。特にフクロウに魅了され八ヶ岳山麓にアトリエを設営。「フクロウは森の自然のバロメーター」と知り、フクロウ繁殖支援活動とともに、自然保護レンジャー努め、八ヶ岳全域の自然環境の保護活動に取り組む。啓蒙活動の一環でフクロウの写真を撮り始め、写真集等を出版していくうちに、写真の腕前も上がり、(公社)日本写真家協会 JPSの会員になる。
講演テーマ 人にとっての森の大切さを八ヶ岳南麓の高原から、フクロウの繁殖支援活動のルポルタージュと合わせてお話しします。

八ヶ岳のすそ野に広がる高原で、絶滅しかけたフクロウの減少した理由を調査して改善し、絶滅の危機から逃れたと同時に、フクロウを保護することは自然を丸ごと保護することと気づき、「フクロウは自然のバロメーター」で有ることを悟った。森は人に無くてはならない、酸素と水の供給をしてくれると同時に、人の心を癒し穏やかにしてくれる。あどけないフクロウの「森の賢者」「森の番人」と言われる由来と自然との関連。
著書 2010.12.14 「稀人神の在処」発刊 むさしの新聞社発刊
2011.12.23 「孤高の王者」発刊 むさしの新聞社発刊
2012.03.20 「心眼・八ヶ岳の鼓動」発刊 むさしの新聞社発刊
2014.09.21 「八ヶ岳のフクロウ」東京図書出版 発刊
2017.03.07. 出版「フクロウとコミミズク」森の賢者たち
        彩流社 発刊
メディア 2015.01.11 NHK日本放送協会 小さな旅「ふくろうの舞う里」
2016.01.23 - 03.27 八ヶ岳美術館 「八ヶ岳のフクロウ」
「神威の在処」個展
2016.05.28 テレビ東京「土曜スペシャル」出演
2016.06.02 FM八ヶ岳 人間交差点 出演
2016.07.22. - 08.18. SONYイメージング ギャラリー銀座
「ふくろう」 緑の森に棲む賢者
2016.12.22. YBS-TV 山梨放送局 ドキュメント・八ヶ岳ふくろうを追う写真家に密着!

2017.04.08 -07.18. αプラザ SONYストア
        ギャラリー全国巡回展 名古屋・大阪・福岡・札幌
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。