講演会はエスエンタープライズ

村田一郎(むらたいちろう)

murataitirou

氏名 村田一郎(むらたいちろう)
ジャンル 品質安全コンサルタント
現職 安全をデザインするNPO法人品質安全機構 理事長
経歴 【職歴・経歴】
・日本大学芸術学部美術学科ビジュアルコミュニケーション 卒業 芸術学士
・平凡社、ベネッセコーポレーション、イトーキに勤務。
百科年鑑の編集者、雑誌別冊太陽編集長、広報宣伝の管理者。
日経新聞広告賞、毎日新聞広告賞を多数受賞。
・イトーキお客様相談センターで80,000件の顧客相談とクレームに対応。
・PL対策室を創設し室長に就任。この間、200件のPL事故を解決。 ISO9000内部監査主任監査員。
・オフイス什器のPL対策ガイドラインを策定。オフィス業界、パーティション業界のPLクレーム対応マニュアル、警告ピクトデザインを策定。
・(財)日本科学技術連盟認定 R-マップ実践技術者。
・NPO法人品質安全機構を設立し理事長に就任。

【最近の講演から10件】
no 開催日    講演タイトル      業種   人数 開催地
1  2017年6月10日  安全は、目的ではなくコミュニケ手段 建築設計 200 神奈川
2  2017年6月8日  同                    物流   400 宮城
3  2016年10月19日 同                   搬送機器 300 東京
4  2016年9月8日 人はポカをする、機械はコワれ     事務機器 300 東京
5  2016年7月6日 コミュニケエラーの防ぎ方。 建設   200 千葉
6  2016年4月7日 人はポカをする、機械はコワれ     建設設備 100 福井
7  2015年10月30日 人はポカをする、機械はコワれ 行政   100 福島
8  2015年6月19日 「安全の穴」~自己実現を~そ 建設業 100 山梨
8  2015年6月11日 「安全の穴」~自己実現を~そ 機械商社 100 静岡
9  2014年5月28日 ヒューマンエラーの防ぎ方。 食品   100 東京
10 2013年7月1日 安全は、目的ではなく手段 建設業 300 岐阜

企業品質と製品品質を上げる、品質経営が販促につながります。この理念を実践する、企業の付加価値づくりの専門家です。私の今までの実績である、三つの専門分野をベスト・ミックスさせて、安定して安全な企業活動を提案しています。
◆領域:消費生活用製品安全法、PL法の対象製品。
講演テーマ コミュニケーションは、相手を思いやる心
マスコミに流れる著名人の失言、放言、舌禍事件は日常の私たちにも起こり得ます。現場でお客様やチームメンバーと、ギクシャクする関係の基はコミュニケーションにあります。相手を思いやる心が良い関係をつくります。他人とのコミュニケーションの大切さは、社会が高度化、複雑化すればするほど重要性が増してきます。昨今のコミュニケーションは、メールやツイートなど、ソフトを介したものに変わってきましたが、利便性と同時にそこに潜む危険性の改善術を伝えます。
1.話し手の工夫
・用語を統一する。標準的な用語を用いる
・聞き間違いやすい用語の言い換えをする。
 D(ディー)とE(イ―)、1(イチ)と4(シ)と7(シチ)。
・数値には必ず単位を付ける。100キロ(グラム? メートル? ミリ? トン?)
・代名詞は要注意。あれ、これ、それ
・事実と推察を一緒にしない。「らしい」、「ようだ」は、事実に変わる。
・命令なのか,質問なのかを明らかに。「落札は大丈夫かね?」⇒赤字値引きを指示。
・目標や期限を明確にする。A41枚程度、明日まで、3部
・結論から伝える。「10時に待ち合わせましょう」
・相手の立場や職種をイメージする。上司から部下、の危うさ
・タイミングよく伝える。作業中に指示を出すと、エラーを起こす
・ 二つ以上の注文を一度にしない。「Aを右に回し、Bを左に回す」
・重要なことは繰り返し話す,念押しする。「ここ、重要だからね」と念押しする
・ 面談する。「言葉」によるコミュニケーションの情報量は、全体の一割以下
・相手の目を見る。相手の心理状態を把握する
・念のためのメールが有効

2.聴き手の工夫
・相手の話を積極的に聴く。途中に自分の意見を割り込まない
・一刀両断で否定しない,理由を尋ねる
 相手がなぜそう思うのか、自分がなぜ否定するのか、その理由を話し合う
・先入観を排除して聴く
 話し手の伝えたいことを誤解、曲解しないで聞く
・前例にこだわらずに聴く
 前例はすでにあてにならず、慣例は陳腐化の可能性
・聴き手は理解した旨を示す(復唱する),「了解」で終わらせない
・マイナス情報には「ありがとう」と言う、相手の勇気に謝辞

3.話し手と聴き手、双方の工夫
・同じ目の高さで会話する。権威勾配、お互いが着座、
② 間違いはすぐに訂正する。揚げ足取りは不可、実行に移る前に訂正
③振り返りを行う。失敗は常に自分側と認識

4.まとめ
・リスク情報の対処心得
 Bad News is Good News. 『良くお話頂いた』
 Good News is No News. 『努力の結果の成果物』
 No News is Bad News  『業務の見直し』
[付録]
・仕事の完成の達成感がヒューマンエラーを誘う。(工程のKAIZEN例)
・集団が人に手抜き誘う(リンゲルマンの綱引実験)
・集団の結論はリスキーシフトになる。(ウォルシュの実験

お札にもコムニケーションエラー防止デザインがある。
1千円は横棒、2千円は○、5千円は8角形、1万円はL字
拝聴した感想
著書 ■主な著作物:(財)日本規格協会「日本を活かす、広がるインフラビジネス」 セキュリティー産業新聞社「個人情報保護法Q&A」 日刊工業新聞に品質安全記事を13週連載。
・日本金属家具工業会「PL対策マニュアル」
メディア ・(財)日本規格協会「日本を活かす、広がるインフラビジネス」を出版。
・セキュリティー産業新聞社「個人情報保護法Q&A」を出版
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。