講演会はエスエンタープライズ

門倉貴史(かどくらたかし)

kadokuratakasi

氏名 門倉 貴史(かどくら たかし)
ジャンル 政治・経済 経済      
現職 エコノミスト BRICs経済研究所代表
経歴 1971年、神奈川県生まれ。
1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員となる。
社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)への出向を経験
2002年に第一生命経済研究所に移籍。
経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国についての論文を数多く発表する。
2005年に同研究所退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。
2007年度~2009年度、同志社大学大学院非常勤講師も務めている。

【資格など】
証券アナリスト検定協会会員、カラーコーディネーター、宅地建物取引主任者、英検準1級
講演テーマ 「BRICs経済 ~これからの新興国経済のゆくえ~」
「新たなビジネスチャンス」 
「地下経済の潜在力 ~GDPに含まれないマーケット~」

※上記はテーマ例です。
※日本経済、BRICs経済(新興国経済)、アジア経済、欧米経済、労働
著書 『大失業時代』 (祥伝社)
『リストラされた100人貧困の証言』 (宝島社/共著)
『貧困ビジネス』 (幻冬舎)
『恐慌第2波』 (角川SSコミュニケーションズ )
『大恐慌を生き残るアウトロー経済入門』 (扶桑社/共著)
『セックス格差社会』 (宝島社)
『反米経済』 (PHP研究所)
『中国発世界恐慌は来るのか?』 (角川SSコミュニケーションズ)
『貧困大国ニッポン』 (宝島社/共著)
『官製不況 なぜ「日本売り」が進むのか』 (光文社)
『統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?』 (光文社)
メディア
講演料金の目安 50万円~100万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。