講演会はエスエンタープライズ

草野仁(くさのひとし)

kusanohitosi

氏名 草野 仁(くさの ひとし)
ジャンル タレント・芸能 アナウンサー 夢 挑戦・情熱 経験・体験談 
現職 TVキャスター
経歴 1944年、満州・新京生まれ。長崎県島原市育ち。
東京大学を卒業後、NHKへ入社し、アナウンサーの道へ。
オリンピックをはじめとした、スポーツの実況中継や、「ニュースセンター9時」、「ニュースワイド」などのニュースキャスターを務めた。
1985年にNHK退社後は、「世界ふしぎ発見!」(TBS) の司会をはじめとし、フリーのTVキャスターとして活躍中。最近では、浅草キッドと共演している「草野☆キッド」(テレビ朝日)などのバラエティー番組にも出演し、強靭な肉体とユーモア溢れる一面を見せ、活動の場を広げている。その物腰の柔らかさ、知識の豊富さ、磨かれた話術で、老若男女から人気を集めている。
講演では、放送人としての約40年のキャリアで体験してきた、ユニークなエピソードを中心に、チャレンジ精神をもって活動してきた経験を語る。実直で、温かい草野氏の人柄を間近に感じることができる講演会は、好評を博している。
講演テーマ 「いつもチャレンジ精神で」 
著書 【著書】
『きみに話したかったこと』 (ぶんか社)
『乾杯・中締めのあいさつ』 (大泉書店)
『名言再発見』 (監修/東京書籍)
『生きてるからこそ』 (小学館)
『父親』 (訳/三笠書房)
『娘へ』 (小学館)
『たかが競馬、されど競馬』 (大和出版)
『人生ふしぎ発見』 (メディアファクトリー)
メディア 【レギュラーTV番組】
TBS 「世界ふしぎ発見!」 (毎週土曜日 21:00~21:54)
テレビ朝日 「草野☆キッド」(毎週火曜日 24:45~25:15)


【過去の主な出演番組】
日本テレビ 「ザ・ワイド」 (1993年~2007年)
TBS 「朝のホットライン」(1985年~1990年)
テレビ東京  北京オリンピックメインキャスター(2008年)、「主治医が見つかる診療所」
<NHK時代の主な出演番組>
「ニュースセンター9時」、「ニュースワイド」、
五輪現地実況担当:夏季モントリオール(1976年)、冬季レークプラシッド(1980年)、
五輪総合司会担当:夏季ロサンゼルス(1984年)
他多数

【講演実績】
企業、教育機関、行政機関など多数

【CM】
AOKIホールディングス

【CD】
「明日への扉/男でありたい」
(作詞:小林篁次、作曲:中山大三郎、平成12年4月21日発売 株式会社 テイチク エンタテインメント)

【その他】
2000年 4月、長崎大学運営諮問委員(~2004年3月)
     6月、ベストファーザー イエローリボン賞受賞
講演料金の目安 100万円~150万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。