講演会はエスエンタープライズ

池谷裕二(いけがやゆうじ)

ikegayayuji

氏名 池谷裕二(いけがやゆうじ)
ジャンル 大脳生理学 海馬 記憶 やる気 受験
現職 東京大学薬学部教授
経歴 1970年生まれ。1998年に東京大学にて薬学博士号を取得。2002~2005年にコロンビア大学(米ニューヨーク)に留学をはさみ、2014年より現職(東京大学薬学部教授)。専門分野は大脳生理学。とくに海馬の研究を通じて、脳の健康について探究している 。文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2008年)、日本学術振興会賞(2013年)、日本学士院学術奨励賞(2013年)などを受賞。著書に『海馬』『記憶力を強くする』『進化しすぎた脳』などがある。

【学歴】
1970年(昭和45年)8月16日 静岡県藤枝市に生まれる
1989年(平成元年)3月 静岡県立藤枝東高等学校卒業
1989年(平成元年)4月 東京大学理科I類入学
1991年(平成3年)4月 東京大学薬学部進学
1993年(平成5年)3月 東京大学薬学部卒業
1993年(平成5年)11月 薬剤師免許取得(11月30日 第291416号)
1995年(平成7年)3月 東京大学大学院薬学系研究科修士課程生命薬学修了 (学位論文「ラット海馬長期増強に於ける扁桃体の関与」)
1998年(平成10年)3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程生命薬学修了 (学位論文「てんかん様過剰神経活動による海馬神経回路の形成異常」)

【職歴】
1998年(平成10年)4月1日~2006年(平成18年)1月31日 東京大学薬学部助手
2006年(平成18年)2月1日~2007年(平成19年)7月31日 東京大学薬学部講師
2007年(平成19年)8月1日~2014年(平成26年)3月31日 東京大学薬学部准教授
2014年(平成26年)4月1日~現在 東京大学薬学部教授
そのほか
1995年(平成7年)4月1日~1998年(平成10年)3月31日 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2001年(平成13年)3月21日 日本薬理学会学術評議委員に着任
2002年(平成14年)12月17日~2005年(平成17年)3月31日 コロンビア大学(米ニューヨーク)生物科学講座・客員研究員
2006年(平成18年)10月1日~2010年(平成22年)3月31日 科学技術振興財団さきがけ「生命システムの動作原理と基盤技術」研究員(併任)
2009年(平成21年)10月1日~2011年(平成23年)2月9日 科学技術振興財団さきがけ「脳情報の解読と制御」(併任)
2013年(平成25年)1月1日~ 脳情報通信融合研究センター(CiNET/総務省)招聘研究員(併任)

【所属学会】
日本薬理学会 (学術評議委員、代議員)
日本神経科学会
日本薬学会
Society For Neuroscience (和名:北米神経科学会)

【受賞歴】
2004年(平成16年) 第1回 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞(対象研究「中枢神経薬理学に関する研究」)
2006年(平成18年) 第12回 コニカミノルタ画像科学 奨励賞(対象研究「単一細胞解像度をもった神経活動の大規模イメージング」)
2006年(平成18年) 第21回 日本薬理学会 学術奨励賞(対象研究「海馬苔状線維ネットワークの構造的および生理的可塑性に関する研究」)
2006年(平成18年) 第6回 日本神経科学学会奨励賞(対象研究「皮質ネットワーク演算とその高次可塑性に関する解析」)
2007年(平成19年) 第21回 独創性を拓く先端技術大賞 フジテレビジョン賞(対象研究「多ニューロン画像法~脳回路システムの機能的画像化」)
2008年(平成20年) 日本薬学会奨励賞(対象研究「薬効評価系を目指した脳回路システムの大規模記録」)
2008年(平成20年) *文部科学大臣表彰 若手科学者賞(対象研究「神経回路システムの機能と可塑性に迫る独創的な研究」)
2009年(平成21年) ニューロクリアティブ研究会 創造性研究褒賞(対象研究「新しい実験技術を用いた神経回路ダイナミクスの探求」)
2013年(平成25年) *日本学術振興会賞(対象研究「機能的画像法を用いた脳回路システムの作動原理の解明」)
2013年(平成25年) *日本学士院学術奨励賞(対象研究「機能的画像法を用いた脳回路システムの作動原理の解明」)
2015年(平成27年) 塚原仲晃記念賞(対象研究「脳回路活動の構造解析」)
2017年(平成29年) 江橋節郎賞(対象研究「脳回路機能の可塑性と病態に関する研究」)
(*は代表的なもの)

学術雑誌編集委員(Editorial Board)
Current Neurovascular Research
European Journal of Neuroscience
Open Journal of Neuroscience
Neuroscience Research
講演テーマ 「脳を知って、脳を活かす」
「やる気と記憶の秘密」
「無意識の脳世界」
「身体と脳」
「受験脳の作り方」
著書 記憶力を強くする ― 最新脳科学が語る、記憶のしくみと鍛え方
進化しすぎた脳 ― 中学・高校生と語る大脳生理学の最前線
海馬 ― 脳は疲れない
のうだま ― やる気の秘密
脳には妙なクセがある
受験脳の作り方
脳はなにかと言い訳する ― 人は幸せになるようにできていた!?
単純な脳、複雑な「私」 ― または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つの講義
怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 ― ネイティブも驚いた画期的英会話術

他多数
メディア
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。