講演会はエスエンタープライズ

あいはらひろゆき

aiharahiroyuki

氏名 あいはらひろゆき
ジャンル 絵本、子育て、キャラクター文化、教育、子ども
現職 絵本作家
経歴 1961年仙台市生まれ、早稲田大学フランス文学部卒。
2002年に初めて書いた絵本「くまのがっこう」が人気となり、現在までシリーズ20作累計220万部の大ヒットとなっている。また、キャラクターグッズも親子、若い女性を中心に人気で市場規模は上代で年間50億を超えている。また、スピンオフシリーズ「がんばれ!ルルロロ」も2013年からNHKEテレでオンエアされ、子どもたち中心に大人気となっている。(あいはらは脚本も担当)。2010年、2017年夏(予定)、東宝で映画化もされている。現在まで絵本、児童文学など約80作を発表している。「くまのがっこう」は剛力彩芽、本上まなみ、乃木坂46の中元日芽科香など芸能人のファンも多い。
また、キャラクターの研究者、プロデューサーとしても著名で、講談社現代新書から「キャラ化するニッポン」を発表、東京大学大学院情報学環で特任研究員を務めるなどした。現在は白百合女子大学講師。
講演会実績は多数あり、エンタテインメント領域のビジネスセミナーをはじめ、教育関係での絵本や子どもをテーマにしたもの、また「くまのがっこう」が娘の誕生をきっかけに書かれたシリーズであることから、ママたちの人気が特に高く、子育て関係の講演会も多く依頼されている。
メディア出演実績も多く、2015年にTX系「クロスロード」、朝日新聞「トップランナー」で特集されている。
過去高島彩、本上まなみなどとのトークショーも行っている。
また、国際交流基金からの依頼で「キャラクター大国ニッポン」展をコーディネイト。世界巡回に連動し、上海、ロンドン、マドリードなどで講演し、日本のキャラクター、アニメ文化などを紹介した。
講演テーマ 大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の作者が絵本制作を通じて、子どもたちの心の大切さ、親の心構え、子育ての楽しさなどを語ります。ママたちは笑って、思わず涙をこぼします。
著書 「くまのがっこう」シリーズ20タイトル(ブロンズ新社)他、児童書多数。
「働くパパのための幸福な家族のつくり方」(日経BP)
「キャラ化するニッポン」(講談社現代新書)
メディア テレビ東京「NECプレゼンツ クロスロード 」(2014年12月6日オンエア)
朝日新聞「トップランナー」(2014年12月13日掲載)
他多数
講演料金の目安 50万円以下
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。