講演会はエスエンタープライズ

尾木直樹(おぎなおき)

oginaoki03

氏名 尾木 直樹(おぎ なおき), 尾木ママ(おぎまま)
ジャンル 教育 生涯教育 青少年教育 子育て
現職 教育評論家/法政大学教職課程センター長・教授/臨床教育研究所「虹」 所長
経歴 1947年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開。この間の成果は200冊を超える著書(監修含む)、ビデオソフト、映画類にまとめられている。
「キレる子現象専門家会議」(東京都)委員、「青少年と放送に関する専門家会合」(郵政省、NHK、民放連)委員、「いじめ防止学習プログラム」開発委員長(新潟県)、「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」(郵政省)委員、「放送倫理機構(BPO)」(NHK、民放連)の「青少年と放送に関する委員会」副委員長、可児市「いじめ防止専門委員会」特別顧問、「大津市立中学校におけるいじめに関する第三者調査委員会」委員等歴任。 平成23年度ゆうもあ大賞、第4回ペアレンティングアワード文化人部門(2011年度)、イクメン・オブ・ザ・イヤー2013 イクジイ部門などを受賞。2012年「第63回NHK紅白歌合戦」でゲスト審査員を務める。

2003年に法政大学キャリアデザイン学部教授に着任。2012年4月からは法政大学教職課程センター長・教授に就任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、メディア問題等に関する現場に密着した調査・研究に精力的に取り組んでいる。フジテレビ「ホンマでっか!?TV」や日本テレビ「シューイチ」、Eテレ「エデュカチオ!」などの情報・バラエティ・教養番組にも多数出演し、「尾木ママ」の愛称で幼児からお年寄りにまで親しまれている。
講演テーマ 「ケータイ・ネット時代と子どもの未来」
「元気が出る子育て論」
「今、求められる学校教育」
「子どもの心と大人の愛」
「親だからできる心の教育」
「子どもも大人も居心地のよい家庭・地域をめざして」
「尾木ママ流 共感子育て」
「尾木ママの叱らない子育て論」
「グローバル化時代の子育てと教育」
「いじめ問題とどう向き合うか」
「いじめ問題をどう克服するか」
「尾木ママ流 住育のススメ」
「旅育が与える“生きる力”~子どもに育つ豊かな創造力~」
「尾木ママの凹まない生き方論」
その他教育に関するテーマ多数
著書 主な近著
『子どもが自立する学校―奇跡を生んだ実践の秘密―』(青灯社 2011年1月)
『尾木ママの「叱らない」子育て論』(主婦と生活社 2011年2月)
『尾木ママの黙ってられない!』(KKベストセラーズ 2011年3月)
『尾木ママの「凹まない」生き方論』(主婦と生活社 2011年9月)
『尾木ママの教育をもっと知る本~「未来への教育」シリーズ①』(ほんの木 2011年10月)
『尾木ママの親だからできる「こころ」の子育て』(PHP文庫 2011年11月)
『危機の大学論―日本の大学に未来はあるか?』(角川Oneテーマ21 2011年11月)※諸星裕氏と共著
『尾木ママの共感❤子育てアドバイス』(中央法規出版 2011年12月)
『尾木ママと考える 大震災後を生きる希望のヒント』(金曜日 2012年2月)※石坂啓氏と共著
『グローバル化時代の子育て・教育「尾木ママが伝えたいこと」~「未来への教育」シリーズ②』
(ほんの木 2012年4月)
『尾木ママの子どもの気持ちが「わかる」すごいコツ』(日本図書センター 2012年5月)
『「学び」という希望―震災後の教育を考える』(岩波ブックレットNo.837 2012年6月)
『ピンチを「味方にする」スイッチ』(主婦と生活社 2012年8月)
『尾木ママンガ ほめすく~叱らずほめて、すくすく子育て~』(竹書房 2012年10月) ※監修
『名作よんでよんで おやすみ前のお話366話』(学研教育出版 2012年11月) ※監修
『生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ』(ブックマン社 2012年11月)
『尾木ママと読むこどもの論語』(学研教育出版 2012年12月)
『尾木ママと考えるいじめのない学校といじめっ子にしない子育て~「未来への教育」シリーズ③』
(ほんの木 2012年12月)
『尾木ママの「脱いじめ」論』(PHP文庫 2013年2月)
『尾木ママの女の子相談室』全5巻(ポプラ社 2013年4月) ※文、監修
『尾木ママ、どうして勉強しなきゃいけないの?』(主婦と生活社 2013年5月)
『お話で育む子どもの心』(東京書籍 2013年7月) ※監修
『おぎ・もぎ対談 「個」育て論』(青灯社 2013年9月) ※茂木健一郎氏と共著
『いじめ問題をどう克服するか』(岩波新書 2013年11月)
『尾木ママの育児ってじつはカンタンよ!』(主婦の友社 2013年11月)
『小学百科大事典 きっずジャポニカ 新版』(小学館 2013年11月) ※監修
『尾木ママの女の子相談室(1)なりたいわたしになるっ!』(ポプラ社 2013年12月) ※文、監修
メディア 【主な出演番組】
◆NHK総合「突撃!アッとホーム」
◆NHK教育(Eテレ)「エデュカチオ!」
◆日本テレビ「シューイチ」
◆日本テレビ「真相報道バンキシャ!」
◆TBSテレビ「ひるおび!」
◆フジテレビ「ホンマでっか!?TV」
◆朝日放送「キャスト」
◆MBS毎日放送(TBS系列)「知っとこ!」
◆NHKラジオ第一「すっぴん!」
◆NHKラジオ第一「wktkラヂオ学園」
◆TOKYO FM「尾木ママのマンマ・ミーア!」          など多数

【CM】
◆イオン株式会社「ランドセル・かるすぽ」
◆日産自動車株式会社「NissanLEAF×未来日記」(第6話)
◆小学館「小学一年生」
◆KDDI株式会社「話題のスマホ 俳句編」
◆塩野義製薬株式会社「インフルエンザ早期治療啓発キャンペーン」
講演料金の目安 100万円~150万円
※講演料金はおおよその目安となりますので、詳細は直接お問い合わせください。